|高校野球|運命のドラフト会議

高校生ドラフトをテーマに候補選手をはじめ、ドラフトに向けての各チームの動向,データなどを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜、帝京2枚看板獲り!!

 横浜が今秋の高校生ドラフトで、帝京・垣ケ原達也投手(3年)、大田阿斗里投手(3年)を獲得リストに挙げたことが分かった。すでに1巡目で仙台育英・佐藤由規投手(3年)の指名方針を固めているが、競合は必至。今夏の甲子園でも活躍した左腕・垣ケ原を外れ1巡目候補として急浮上させた。
 垣ケ原は140キロ台の直球にスライダーを駆使し、3回戦の智弁学園戦では完封。「今大会で評価が急上昇した一人」と村上チーム運営部門統括をうならせた。また、右腕の大田は今夏は不調で結果を残せなかったが、今春センバツ1回戦の小城戦では、150キロ近い直球で20三振を奪うなど潜在能力は高い。 
 by (スポーツ報知)

★ 大田阿斗里君のプロフィール

関連ニュース
成長実感、3試合で422球 垣ケ原達也投手 (asahi.com 高校野球)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。