|高校野球|運命のドラフト会議

高校生ドラフトをテーマに候補選手をはじめ、ドラフトに向けての各チームの動向,データなどを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜ドラ1順目に佐藤由規で決まり!

 横浜は16日、西宮市内のホテルでスカウト会議を開き、今秋の高校生ドラフト1巡目で、仙台育英の156キロ右腕、佐藤由規投手(3年、写真)を指名することが確実となった。村上チーム運営部門統括は「甲子園の活躍で佐藤君の評価が急上昇した」と説明した。
 これまでは「いいもんはいい。避けては通れない」と、大阪桐蔭の中田翔投手(3年)を競合覚悟で、指名すると決めていた。しかし、佐藤が今夏の甲子園大会で、MAX156キロの直球と切れ味鋭いスライダーを投げ、急成長しているところを見せたため、複数のスカウトが大絶賛。方針転換を大筋で決めた。 (続きはこちら) byスポーツ報知
佐藤由規君のプロフィールはこちら

関連ニュース
狙われた直球「真っ向勝負」 仙台育英・佐藤由投手 (asahi.com 高校野球コラム)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。