|高校野球|運命のドラフト会議

高校生ドラフトをテーマに候補選手をはじめ、ドラフトに向けての各チームの動向,データなどを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大相模の大田はやはり巨人志望?!

スポニチ:30日のドラフトの目玉・東海大相模の大田泰示内野手(18)が、志望球団以外に指名された場合は東海大に進学する可能性が出てきたことが25日、分かった。同校野球部の門馬敬治監督(38)が明かした。志望届提出直後は12球団OKの姿勢を打ち出していた大田には、最大7球団近い1巡目指名の可能性もあった。ドラフトまであと4日。大田の決断が、各球団のドラフト戦略に大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

 大田はプロ志望届を提出した際の会見では12球団OKの姿勢を示していた。しかし、ドラフトまで1週間を切ったここにきて“条件付き ”で東海大進学の可能性を打ち出した。この日、本人に代わって門馬監督は「彼には志望球団はある。志望球団の指名以外は進学の可能性も否定できない」と明言した。



12球団OKの姿勢から急遽希望球団以外なら進学も否定できないと態度を一変
尊敬する人に原辰徳監督を以前から挙げているのでやはり意中の球団は巨人でしょうか。
各球団のドラフト指名はまた悩まされますね。

→他の野球・ドラフト情報を見る

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。