|高校野球|運命のドラフト会議

高校生ドラフトをテーマに候補選手をはじめ、ドラフトに向けての各チームの動向,データなどを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤佑樹

斎藤佑樹(さいとう・ゆうき) 1988(昭和63)年6月6日、群馬県生まれ、18歳。小学1年で野球を始め、生品(いくしな)中では投手として3年時に関東大会ベスト8。早実では1年夏から背番号18でベンチ入り。2年夏からエースとなり、3年の夏には早稲田実業を初の全国制覇に導いた。MAX149キロの直球と鋭く落ちるフォークが武器。1メートル76、70キロ。右投げ右打ち。家族は両親と兄、祖母。
スポンサーサイト

日米親善高校野球

日本高校野球連盟は21日、日米親善試合に出場する全日本高校選抜チームの18選手を発表した。日本高野連の技術・振興委員会のメンバーらが、全国選手権の出場選手から選考した。

■全日本選抜チームメンバー■
監督:和泉実(早稲田実監督)
コーチ:中迫俊明(鹿児島工監督)

▽投手(6人)
(1)斎藤佑樹(早稲田実・3年)
(2)田中将大(駒大苫小牧・3年)
(3)榎下陽大(鹿児島工・3年)
(4)乾真大(東洋大姫路・3年)
(5)駒谷謙(福知山成美・3年)
(6)金城長靖(八重山商工・3年)

▽捕手(3人)
(7)鮫島哲新(鹿児島工・3年)
(8)橋本良平(智弁和歌山・3年)
(9)秋場拓也(日大山形・3年)

▽内野手(6人)
(10)中沢竜也(駒大苫小牧・3年)
(11)広井亮介(智弁和歌山・3年)
(12)今吉健志(鹿児島工・3年)
(13)後藤貴司(早稲田実・3年)
(14)林崎遼(東洋大姫路・3年)
(15)宇高幸治(今治西・3年)

▽外野手(3人)
(16)船橋悠(早稲田実・3年)
(17)本間篤史(駒大苫小牧・3年)
(18)塩沢佑太(帝京・3年)

(カッコ内の数字は背番号)

大嶺祐太

大嶺祐太(おおみね・ゆうた)
1988(昭和63)年6月16日生まれ、沖縄県出身。小学2年の時に野球を始める。中学では、2年夏に出場した世界大会で3位。今春の選抜では、1回戦の高岡商戦で17奪三振と快投を演じた。140キロ後半の速球と高速スライダーを武器にする、石垣島が生んだ本格派右腕。184センチ75キロ/右投げ左打ち。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

増渕 竜義

増渕竜義(ますぶち・たつよし)
1988年(昭63)5月3日、埼玉・草加市生まれの18歳。小4から野球を始める。栄中では1年時に関東大会8強、3年時に県8強。浦和学院などの誘いを断り鷲宮進学。1年春からベンチ入り。同年秋からエース。春の関東大会3年連続連続出場。昨夏の埼玉大会8強。家族は母と弟、祖父。1メートル84、79キロ。右投げ右打ち。 MAX149㌔

育成ドラフト対象拡大へ

日本高校野球連盟は5日、全国理事会を開き、プロ野球の育成選手ドラフトの対象を高校生に広げることを了承した。日本野球機構から打診があったもので、同日中に同機構に伝えた。対象となるのは、9月15日のプロ野球志望届締め切りまでに届けを提出し、同25日の高校生ドラフトで指名されなかった選手。


育成選手枠について
育成レベルの選手を獲得して底辺を拡大するために、現行70人の支配下選手枠を広げる制度で、支配下65人以上保有した球団が採用できる。新人選手は育成選手選択会議を経る必要があり、契約金に代わる支度金が最高300万円、最低年俸240万円。戦力外通告を受けた自由契約選手、外国人の雇用も可能。公式戦出場は二軍戦だけで育成選手の出場は5人以内。6月末まで支配下選手に契約変更できる。在籍3年間で支配下契約されなければ自動的に自由契約選手となる。
研修生は入団テストなどで採用され、契約金や年俸保障はなし。二軍戦にも出場できない。育成選手、支配下選手となるにはドラフトで指名されなければならない。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。